DOCTER ドクター紹介

院長  廣比利次
リッツ美容外科院長  廣比利次
所属学会
  • ■日本美容外科学会(JSAPS)
  • ■日本美容外科学会(JSAS)
  • ■日本形成外科学会
  • ■日本口腔外科学会
  • ■日本顎変形症学会
  • ■日本頭蓋顎顔面外科学会
  • ■日本臨床皮膚外科学会
  • ■NPOクラニオフェイシャルセンター
  • ■GID(性同一性障害)学会
主な経歴

広比利次(ひろひとしつぐ)。1959年7月16日東京都目黒生まれ。かに座B型。

1979年東京大学理科II類入学(3年間在学)。

1989年国立山梨医科大学卒業後、東京大学形成外科学教室(波利井清紀教授)に入局し、形成外科、美容外科を専攻する。

その後、東京警察病院、都立広尾病院、静岡県立総合病院、東京専売病院、竹田総合病院等で美容形成外科学を修得する。
2000年2月に東京・目黒にてリッツ美容外科を開設した。

2013年1月、東京・恵比寿にリッツ美容外科を移し、顎矯正手術に対応するために院内に歯科 (矯正歯科、審美歯科)を併設する。また、さまざまな顎顔面領域手術に対応するため入院設備(東京都知事・正式認可)を完備する。

この間、日本形成外科学会、日本美容外科学会等で数々の論文を発表する。98年日本美容外科学会総会で発表した「頬骨骨切り手術」が、最高栄誉の日本美容外科医師会会長賞を受賞。また、第32回日本美容外科学会総会 新手術手技コンテストで発表した「下眼瞼下制術」が会長賞を受賞。

執筆活動では、鼻の専門的な手術書として出版した『鼻形成術』(克誠堂出版)は、多くの形成外科医、美容外科医に評価を受ける。その他、多くの論文を執筆し、美容医学の発展に貢献する。

海外では、『Plastic and Reconstructive Surgery』『Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery』『Aesthetic Plastic Surgery』等の 世界的に著名な医学ジャーナルへ論文が掲載される。自ら考案した手術技法(Hirohi Methods)は、顔面骨骨切り術、鼻形成術、眼瞼形成術など様々な領域の美容形成手術で、海外に広く浸透した手術法式として定着している。

2010年、これまでの形成外科、美容外科に関する数々の功績が国際的に認められ、ハワイ大学医学部客員教授に就任。

2016年 自治医科大学 非常勤講師就任

2016年 国際美容外科学会(ISAPS)では、FACULTY MEMBERに選出される。

主な実績 <学会活動>

2017年 4月11日・12日 第60回日本形成外科学会総会
シンポジウム「鼻中隔延長術における工夫
~第34回日本頭蓋顎顔面外科学会 ライブサージェリーを振り返って~」
「下顎Vライン形成におけるオトガイ部ホームベース型骨切り術の有用性」
「前頭部増大術:カスタムメイド-メタクリル酸メチルインプラント作製のコツ」
2月25日・26日 ハワイ大学医学部 解剖学教室 第6回Fresh cadaver
解剖実習セミナー講師「外鼻形成術」
2016年 11月11日 第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会ライブサージェリー「オープン法による鼻中隔延長、鼻尖形成術」
10月24日~27日 第23回国際美容外科学会総会「Alar Base Reduction with the Alar Cinch Procedure Using Deepithelialized Flaps」
2015年 9月22日・23日 第38回日本美容外科学会総会
「鼻翼縮小術のさまざまな問題点を克服する」
「下顎輪郭形成〜外科的治療でしかできないこと」
7月11日 第123回日本美容外科学会学術集会「下眼瞼下制術で目の印象はどこまで変えられるか?」
6月6日・7日 第103回日本美容外科学会「典型的な美人顔を創造する」
2013年 10月17日・18日 第36回日本美容外科科学総会「Alar denuded flap methodによる微笑時の尾翼の広がりに対する影響」
6月15日・16日 第101回日本美容外科学会「治療に難渋する鼻形成術とその解決策」
4月3日~5日 第56回日本形成外科学会総会「下顎形成術 顔面下1/3の左右差改善のコツ」
2012年 10月11日・12日 第35回日本美容外科科学総会
「額輪郭形成術」
「当院で行っている鼻翼縮小術(Alar denuded flap method)の最近の改良点」
「Tardy変法による鼻尖縮小例の検討」
「下顎V-line形成術」
2011年 9月29日・30日 第34回日本美容外科学会総会
「hump(段鼻)の改善:component reduction法」
「前額部フェイスリフトのさまざまな術式とその応用」
6月4日・5日 GID学会 第13回研究大会
「GIDの外科療法について」
「GID患者における顔面輪郭形成術」
2010年 10月6日~9日 第33回日本美容外科学会総会
治療コンテスト
「~高齢者のtotal facial rejuvenation~」
「大きい目をつくる」
2009年 9月25日・26日 第32回日本美容外科学会総会
新手術手技コンテスト1
「下眼瞼下制術~瞼裂高を増大させる新しい発想・術式~」
「3次元的鼻尖形成術の重要性」
「米国ベーカー・ゴードン美容外科シンポジウムに参加して」
4月23日 第52回日本形成外科学会総会
モーニングセミナー招待講演「顔面輪郭形成術を成功させるコツ」
2008年 10月11日・12日 第31回日本美容外科学会総会「前額除皺術の術式と適応」
5月11日 第94回日本美容外科学会
教育講演「顔面骨の美容外科」
「顔面輪郭形成術における単独・複合手術の適応とpitfall」
4月9日・10日 第51回日本形成外科学会総会「男性患者における下顎角形成術」
2007年 11月8日・9日 第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会「内視鏡下下顎角部水平骨切り術」
10月6日・7日 第30回日本美容外科学会総会「鼻形成術:open or closed~私の考え 連続した5症例~」
5月19日・20日 第92回日本美容外科学会「東洋人における効果的なフェイスリフト法」
4月11日~13日 第50回日本形成外科学会総会「輪郭形成術における単独手術・複合手術の適応」
2006年 10月8日・9日 第29回日本美容外科学会総会「下顎(エラ・オトガイ)形成術のコツとポイント」
4月12日~14日 第49回日本形成外科学会総会「鼻翼縮小に対する新手術法 ~Alar denuded flap method~」
2005年 11月18日~20日 世界美容医学学術大会2005「OPERATIVE STRATERGIES FOR MANDIBULAR ANGLEPLASTY」
10月9日・10日 第28回日本美容外科学会総会「患者の希望する『エラ削り』は本当に下顎角形成術のことか?」
4月13日~15日 第48回日本形成外科学会総会「フェイスリフトに対する新しい考え方 ~SMAS, Retaining ligamentの利用法~」
2004年 11月4日・5日 第21回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会
モーニングセミナー招待講演「Face-Liftを成功させるコツ~SMAS, Retaining ligamentの解剖学的特徴~」
10月10日・11日 第27回日本美容外科学会総会「若年者に対する内視鏡下眉毛挙上術」
4月7~9日 第47回日本形成外科学会総会「オトガイ形成術におけるさまざまな工夫 ~骨切り法、インプラント法~」
2003年 10月12・13日 第26回日本美容外科学会総会「下顎角形成手術におけるさまざまな工夫」
2002年 10月12日~14日 第25回日本美容外科学会総会「骨セメントを用いた前額部augmentation」

 

受賞歴・認定証

日本美容外科教会(JSAPS)専門医認定証
日本美容外科教会(JSAPS)専門医認定証
第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会シンポジウム2 フェイシャル・コントゥーリングを考える「内視鏡下下顎角部推計骨切り術」
第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会シンポジウム2 フェイシャル・コントゥーリングを考える「内視鏡下下顎角部推計骨切り術」
第30回日本美容外科学会総会パネルディスカッション「内視鏡下下顎角部水平骨切り術」
第30回日本美容外科学会総会パネルディスカッション「内視鏡下下顎角部水平骨切り術」
第29回日本美容外科学会総会シンポジウム4 顔面骨格形成「下顎(エラ・オトガイ)形成術のコツとポイント」
第29回日本美容外科学会総会シンポジウム4 顔面骨格形成「下顎(エラ・オトガイ)形成術のコツとポイント」
第92回日本美容外科学会シンポジウム1 フェイスリフト「東洋人における効果的なフェイスリフト法」
第92回日本美容外科学会シンポジウム1 フェイスリフト「東洋人における効果的なフェイスリフト法」
第74回日本美容外科学会学術総会 日本美容外科医師会会長賞「頬骨骨切り手術」
第74回日本美容外科学会学術総会 日本美容外科医師会会長賞「頬骨骨切り手術」
国際美容形成外科学会
国際美容形成外科学会
第33回日本美容外科学会総会レクチャー12「大きい目を作る」
第33回日本美容外科学会総会レクチャー12「大きい目を作る」
第32回日本美容外科学会総会シンポジウム7 「米国ベーカー・ゴードン美容外科シンポジウムに参加して」
第32回日本美容外科学会総会シンポジウム7 「米国ベーカー・ゴードン美容外科シンポジウムに参加して」
第32回日本美容外科学会総会シンポジウム8 「3次元的鼻尖形形成術の重要性」
第32回日本美容外科学会総会シンポジウム8 「3次元的鼻尖形形成術の重要性」
第32回日本美容外科学会総会新手術手技コンテスト1会長賞「下眼瞼下制術~瞼列高を増大させる新しい発想・術式~」
第32回日本美容外科学会総会新手術手技コンテスト1会長賞「下眼瞼下制術~瞼列高を増大させる新しい発想・術式~」
第33回日本美容外科学会総会レクチャー12「大きい目を作る」
第33回日本美容外科学会総会レクチャー12「大きい目を作る」
第110回日本美容外科学会学術集会シンポジウム「左右差をなくすコツ」座長
第110回日本美容外科学会学術集会シンポジウム「左右差をなくすコツ」座長
GID学会第13回研究大会シンポジウム6 GIDの外科療法について「GID患者における顔面輪郭形成術」
GID学会第13回研究大会シンポジウム6 GIDの外科療法について「GID患者における顔面輪郭形成術」
第34回日本美容外科学会総会パネルディスカッション1「hump(段鼻)の改善 : component reduction法」
第34回日本美容外科学会総会パネルディスカッション1「hump(段鼻)の改善 : component reduction法」
第34回日本美容外科学会総会パネルディスカッション6「前額部フェイスリフトのさまざまな術式とその応用」
第34回日本美容外科学会総会パネルディスカッション6「前額部フェイスリフトのさまざまな術式とその応用」
第38回日本美容外科学会総会シンポジウム「鼻翼縮小術のさまざまな問題点を克服する」
第38回日本美容外科学会総会シンポジウム「鼻翼縮小術のさまざまな問題点を克服する」
第38回日本美容外科学会総会シンポジウム「下顎輪郭形成〜外科的治療でしかできないこと」
第38回日本美容外科学会総会シンポジウム「下顎輪郭形成〜外科的治療でしかできないこと」

主な実績 <医学論文>

  1. 広比利次:当院におけるreduction malarplasty. 日美外会誌36: 21-27、1999
  2. Toshitsugu Hirohi,M.D., Kotaro Yoshimura,M.D. : Surgical Correction of Retracted Nostril Rim with Auricular Composite Grafts and Anchoring Suspension. Aesth Plast Surg, 27: 418-422, 2003.
  3. 広比利次:Face-lifting の適応と手術法の選択、形成外科48:39-50, 2005 克誠堂
  4. 広比利次:下顎角骨切り術;症例と術式の選択について、形成外科48; 1211-1221, 2005 克誠堂
  5. 広比利次:顔面額部の除皺術2) 前頭部除皺術;術式と適応,形成外科 48: S194-S202, 2005 克誠堂
  6. 広比利次:整鼻術(鼻の美容外科);シリコンインプラントによる隆鼻術、形成外科 49 (6);651-662、克誠堂
  7. 広比利次:しわ・たるみを取る; 患者の満足度を高める治療法のすべて.180-186, 2006 南江堂
  8. 広比利次:重瞼術-私のコツ; 埋没法による重瞼術. 2007 克誠堂
  9. 広比利次: 下顎えら切り術の標準的方法. 形成外科 増刊号 形成外科手段- スタンダード 30-: 2007 克誠堂
  10. 広比利次: IV. 美容 16. Facial contouring. 頭蓋顎顔面外科:最近の進歩<改定第2版>, 2007 克誠堂
  11. 広比利次:Face lift-私の方法; 東洋人に対する face lift:鼻唇溝の改善の新しい概念. 2009 克誠堂
  12. 広比利次:眼瞼下垂症の治療戦略;整容面から見た経結膜的眼瞼挙筋短縮・前転術、 形成外科53; 2009(in press)克誠堂
  13. 広比利次:形成外科ADVANCEシリーズ「-5 ; 乳房・乳頭の再建と整容 最近の進歩 第2版, 2010 克誠堂
  14. Toshitsugu Hirohi,M.D., Kotaro Yoshimura,M.D. : Lower face reduction with full-thickness marginal ostectomy of mandibular corpus- angle followed by corticectomy. J Plast Reconstr Aesthe Surg, 63: 1251-1259, 2010.
  15. Toshitsugu Hirohi,M.D., Kotaro Yoshimura,M.D.: Vertical enlargement of palpebral aperture by static shortening of the anterior and posterior lamella of the lower eyelid; a cosmetic option for Asian eyelids. Plast Reconstr Surg, 127: 396-406, 2011.

 

英語論文の共著

Cell-assisted lipotransfer (CAL) for cosmetic breast augmentation -supportive use of adipose-derived stem/stromal cells-. Yoshimura K, Sato K, Aoi N, Kurita M, Hirohi T, Harii K. Aesthetic Plast Surg, 32: 48-55, 2008.
Cell-assisted lipotransfer for facial lipoatrophy: efficacy of clinical use of adipose-derived stem cells. Yoshimura K, Sato K, Aoi N, Kurita M, Inoue K, Suga H, Eto H, Kato H, Hirohi T, Harii K. Dermatol Surg 34: 1178-1185, 2008.
Ectopic fibrogenesis induced by transplantation of adipose-derived progenitor cell suspension immediately after lipoinjection. Yoshimura K, Aoi N, Suga H, Inoue K, Eto H, Sato K, Kurita M, Harii K, Hirohi T. Transplantation 85: 1868-1869, 2008.
Progenitor-enriched adipose tissue transplantation as rescue for breast implant complications, Yoshimura K, Asano Y, Aoi N, Kurita M, Oshima Y, Sato K, Inoue K, Suga H, Eto H, Kato H, Hirohi T, Harii K. Breast J, 16: 169-175, 2010.


 

著書

鼻形成術 美容外科手術手技 鼻形成術
広比利次 著
2012.10.10発売 / A4変判 / 260頁 / 克誠堂出版
( ISBN978-4-7719-0400-2 )

AESTHETIC PLASTIC SURGERY IN ASIANS AESTHETIC PLASTIC SURGERY IN ASIANS
広比利次 共著
/ PartⅣ【COSMETIC SURGERY OF THE EYELID】
  30【Lower Eyelid Shortening for Vertical Enlargement of the Palpebral Aperture】
/ CRC PR INC

頭蓋顎顔面外科(形成外科ADVANCEシリーズ) 頭蓋顎顔面外科(形成外科ADVANCEシリーズ)
広比利次 共著
/ 16章【Facial contouring】(P270-P285)
/ 克誠堂出版

患者満足度ベストを目指す 非手術・低侵襲美容外科: <br />形成外科学に基づいた考え方とテクニックの実際 患者満足度ベストを目指す 非手術・低侵襲美容外科:
形成外科学に基づいた考え方とテクニックの実際
広比利次 共著
/ 2章【鼻】 3)手術療法
  a・鼻翼縮小術(P122-P129)
  e・鼻孔縁形成術(P137-P143)
/ 南江堂

しわ・たるみを取る〜患者の満足度を高める治療法のすべて〜 しわ・たるみを取る〜患者の満足度を高める治療法のすべて〜
広比利次 共著
/ 4章 しわ・たるみの部位別手術の実際
  3 額,眉間,鼻根部(P180-P186)
/ 南江堂

乳房・乳頭の再建と整容:最近の進歩(形成外科ADVANCEシリーズ) 乳房・乳頭の再建と整容:最近の進歩(形成外科ADVANCEシリーズ)
広比利次 共著
/ 2章【乳房の美容外科】
  20【乳房インプラントによる豊胸術:経腋窩法】(P197-P207)
/ 克誠堂出版

PEPARS No.124 / 2017.4 フェイスリフト手術手技アトラス PEPARS No.124 / 2017.4 フェイスリフト手術手技アトラス
広比利次 共著
/ Forehead lift (P63-P74)
/ 全日本病院出版会

ページの先頭へ