TREATMENT 施術のご案内

フェイスリフト

上眼瞼脂肪注入

体質や加齢に伴い脂肪が不足して窪み老けた目もとは、脂肪を注入します。当院では、脂肪の生着率をアップさせる為に極細注入針を使用します。傷が残らず、 脂肪の生着に最も重要である血液の供給を、眼輪筋という筋肉の下に注入できるメリットがあります。更に吸収される量を見越して多めに注入しますので、ほぼ 1回の注入で満足して頂けます。窪みで二重になりにくい場合は、脂肪注入でふっくらさせて二重手術を行います。

お勧めの方

・くぼんで老けて見える目元(目もと)に若さを取り戻したい方
・三重になっているラインを安定した二重にしたい方
・くぼみがあるが、埋没法で二重にしたい方
・瞼(まぶた)に傷がつかない方法で、ふっくらさせたい方
・1回の施術で、ちょうどいい位に瞼(まぶた)をふっくらさせたい方

上眼瞼脂肪注入

加齢により上まぶたがくぼんでいる方は実際の年齢以上に老けてみえるものです。
くぼみには、いくつかの原因が考えられます。はじめに原因診断を行わないと、状態がかえって悪化することになります。
眼窩脂肪が原因である“くぼみ”の改善にはヒアルロン酸注入法と脂肪注入法の2つの方法があります。ヒアルロン酸注入は手軽な反面、効果の持続は6~12ヶ月で、繰り返し注入が必要となります。一方当院で行っているマイクロ脂肪注入法では吸収率が少なく、ほぼ一回の注入で満足すべき結果が得られます。

上まぶたのくぼみ(陥凹)の原因

1)眼瞼下垂(挙筋での開瞼が弱いため、額の筋肉を使って目を開ける癖がある)
2)眼窩脂肪が少ない(生まれつき、過去の手術で過剰に脱脂された)
3)眼窩脂肪が下まぶたに移動(眼球の裏側で眼窩脂肪はつながっている)
上眼瞼はこれらが原因でくぼむことになります。眼瞼下垂でくぼんでいる方に、脂肪注入を行ってしまうとかえって目の開きが悪くなってしまいます。

治療法
1)眼瞼下垂

眼瞼下垂の診断は容易です。眉毛を指で押えた状態で眼の開きを確認します。また上方視と下方視との間で、上瞼縁の動きの差を見ます。これらより、眼瞼下垂の診断が出た場合には、挙筋腱膜前転、挙筋・ミュラー筋短縮術などを行います。軽度のくぼみであれば改善します、重度のくぼみでは、改善はしますが、さらに脂肪、フィラーの注入の検討します。

2)眼窩脂肪が少ない方

生まれつき眼窩脂肪が少なくて、目がくぼんでいる方は、ご自身の脂肪を注入するのが最も良い方法です。また過去に上まぶたの手術を受けたことがある方で、脂肪が取られすぎている場合にも同様に脂肪注入が適しています。脂肪を注入する場合には、上眼瞼の眼輪筋という筋肉の下に注入しますと定着率も非常に高く、1回の注入でほぼ目的を達します。

3)眼窩脂肪が移動(下垂)している方

解剖的に、眼球は眼窩という骨の中で眼窩脂肪に覆われています。すなわち上下のまぶたの脂肪は眼球の周囲で連続的につながっているのです。
下まぶたのふくらみは、眼窩脂肪の突出であることが多いのですが、その際に上まぶたの状態を見て、厚ぼったければ脱脂しても良いのですが、ややくぼんでいるのに気がつかずに脱脂してしまうと、上まぶたはますますくぼんでしまいます。このことよりわかるように、下まぶたの状態も確認した上で上まぶたの手術も適応を決定する必要があります。
上まぶたのくぼみに対しては脂肪注入が最適です。その際に下まぶたでは隔膜の強化をしておくことにより、眼窩脂肪の突出(ヘルニア)を防止できます。
当院で行っている脂肪注入は、繊細な操作を必要とし、マイクロ脂肪注入というテクニックです。

マイクロ脂肪注入法の実際

手術は局部麻酔、静脈麻酔下で行います。手術時間約1時間30分です。

1)脂肪の採取

自己の脂肪を採取します。通常はお腹の脂肪を採取します。へその中で、3mmの切開をしてカニューレで脂肪吸引をします。片側1.0~2.5ccぐらいが目安ですので、5ccも採れば十分です。約15分で終了します。

2)脂肪の分離

採取された脂肪には血液分が混じっているため、血液の固まりはより分ける必要があります。特に上まぶたに脂肪を注入する場合には細い針を使用するため、この血液」の塊があると針を通過しないためです。ただし幹細胞も含めて注入するために、洗い流すことは禁物です。丁寧な作業となります。

3)注入脂肪をシリンジに充填

繊細な注入操作が必要であり。1ccシリンジにわずか0.3ccずつしか脂肪を充填しません。シリンジでの注入操作を繊細に行うためであり、過剰注入はシコリの原因になるからです。

4)マイクロ脂肪注入

注入する層は、眼輪筋の直下で眼窩角膜の上になります。この層には、本来隔膜前脂肪という脂肪が存在しているため、脂肪が生着するのにはもっとも条件の良い層なのです。注入脂肪は溶けて吸収されるといよく言われますが、これは注入方法に誤りがあるからです。特に上まぶたは脂肪がよく生着する部位ですが、注入層を誤るとほとんど吸収されるという失敗を犯すことになるのです。
また注入の際には一滴、一滴置いてくるように慎重にゆっくりと位置をずらしながら行うのがコツです(マイクロ脂肪注入)。短時間での注入はシコリの原因になりますので、注意が必要です。

5)注入脂肪の運命

注入された脂肪のうち、血液から栄養をもらえるものは生き残り、栄養をもらえなかった脂肪は吸収されることになります。この生着、吸収は3ヶ月ほどでほぼすべての結果がでますので、3ヶ月時点での仕上がりが半永久的な結果といえます。
上まぶたの脂肪注入に関しては、一回の注入でほぼ満足ずる結果になることが予想されます。万が一、一回の注入では不十分で、2回目の注入を行う場合には通常3~6ヶ月経過以降で行うことになります。

POINT

上眼瞼脂肪注入は、自分の脂肪を採取して、極細注入針で瞼(まぶた)のくぼみに注入し、ふっくらさせる施術です。
脂肪を注入することで、瞼(まぶた)のくぼみ、しわ、三重が改善されます。くぼみのせいで二重にならなかった方は、脂肪注入であらかじめ瞼(まぶた)をふっくらさせ、その上でスクエア・マルチプル・ノット法を行い、二重にすることができます。
当院では、脂肪の生着率が高い血流豊富な眼輪筋の下に注入するので、1回の注入でほとんどの方にご満足して頂いています。
あらかじめ生着率を見越して多めの脂肪を注入するのも生着率アップのポイントです。
当院では、瞼(まぶた)に一切傷をつけない極細注入針で注入します。

ページの先頭へ