TREATMENT 施術のご案内

矯正歯科

矯正治療の流れ

> 1. 初診(矯正相談)   > 2. 検査   > 3. 診断   > 4. 装置装着
> 5. 調節   > 6. 保定装置   > 7. 経過観察

1. 初診(矯正相談)

初診時(矯正相談)には時間をかけて治療内容や費用について詳しい説明をします。
所要時間はおよそ1時間程度です。

はじめに診療チェアーで、患者様の口の中の状態(噛み合わせ、歯並び)や顎の関節の状態、
さらに、顔つきや口もとの状態(顔の骨格)を診察せていただきます。
必要に応じて、レントゲン写真(パノラマX線写真)を撮影することもあります。
その後に、
  1) 現在の状態と治療の意義
  2) 治療方法と使用する装置
  3) 治療開始時期と治療期間
  4) 治療費
  5) 注意事項、その他
について概略を丁寧にわかりやすく説明をいたします。

矯正治療をされるかどうかは、帰宅されて、ゆっくり検討されてからで構いません。
治療をご希望の方は、検査のご予約をしていただくか、あるいは(予約の状況にもよりますが)、
当日、検査に進むことも可能です。

2. 検査

次回は、 検査(歯、顎骨のレントゲン写真撮影、口の中や顔の写真撮影、歯型を採るなど)をします。
所要時間は1時間程度です。

口腔内写真
口腔内写真

頭部X線規格写真(セファロ) 正面 側面
頭部X線規格写真(セファロ)正面&側面

パノラマX線写真
パノラマX線写真&顎関節規格X線写真

診断用模型
診断用模型

3D-CT
3D-CT & 顎関節MRI
3. 診断

診断は、患者様に丁寧にすべての検査結果を説明して、治療方針を一緒に決めていきます。
所要時間は 1~1.5 時間程度です。
矯正治療を行うために必要な抜歯がある場合には、矯正装置を装着する前に治療を行います。

4. 装置装着

いよいよ装置を装着します。所要時間は 1.5 時間程度です。

装置装着時
装置装着時
5. 調節

装着後は、ほぼ月1度のペースで矯正ワイヤーを調節するために通院していただきます。
所要時間は通常30分程度です。

1か月後
1か月後
6. 保定装置

目標とした歯並び・噛み合わせが獲得されると、これまでの装置をすべて撤去(動的治療終了)します。以降は、治療によって獲得した咬合を安定化させる保定装置を装着します。これらの作業の所要時間は1~1.5時間程度です。
retainer
さらに、治療終了時の検査をします。所要時間は30分~1時間程度です。
この検査の目的は、むし歯や被せ物の再治療などの必要性をチェックするためです。

7. 経過観察

保定装置を装着してからは、4~6ヶ月に一度のペースで経過観察を続けます。

> 1. 初診(矯正相談)   > 2. 検査   > 3. 診断   > 4. 装置装着
> 5. 調節   > 6. 保定装置   > 7. 経過観察

ページの先頭へ