TREATMENT 施術のご案内

審美歯科

虫歯

虫歯について

虫歯は白い歯が黒くなって気がつく場合と冷たい水などを含んだときに痛みを伴う場合、激痛を感じて気がつく場合があります。できるだけ初期のうちに治療することが歯の健康のためには良いことです。
リッツ美容外科は虫歯治療にも美容歯科診療で行われる高度な無痛麻酔による治療を実施していますから、安心して治療が受けられます。

病態

お口の中にはたくさんの細菌が住んでおり、その中のひとつストレプトコッカスミュータンスレンサ球菌がおもな虫歯の原因菌です。ミュータンス菌は、歯の表面のペリクルという保護膜に付着します。お口の中の虫歯菌であるミュータンス菌が、食べ物の中の砂糖を栄養に、歯の表面にグリコカリックスという、ネバネバした物質をつくります。そのネバネバした物質の中に虫歯菌や他の細菌が住みつき、どんどん増殖していきます。これがプラークといわれるバイオフィルムです。プラークの中の虫歯菌は食べ物の中の「糖質」を餌にし、酸を排泄します。この酸によってしだいにエナメル質を溶かしはじめます。これが虫歯です。「糖質」は砂糖だけでなく、米やパンにもたくさん含まれており、普通の食事をしていればまちがいなく含まれています。酸によってバイオフィルムや唾液の中に溶け出したエナメル質の状態が「脱灰」です。歯のカルシウムやリンが溶けてバイオフィルム中のミネラルが飽和されると、溶け出したカルシウムやリンは再び歯に戻ろうとします。この現象を「再石灰化」といいます。

脱灰と再石灰化は毎日繰り返されています。フッ素やキシリトールはこの脱灰や再石灰化をサポートします。
これが、虫歯の予防や、初期の虫歯にはフッ素や、キシリトールが良いといわれる所以です。

予防方法

適切なブラッシング

適切なブラッシングは虫歯の予防方法であり、治療方法です。ブラッシングによる効果は歯ブラシが歯の汚れにあたると、歯垢や細菌の塊であるプラークの除去が出来ます。それだけではなく細菌が繁殖したり、移動する際に使用する細菌の「足」をブラシで弱らせることで、繁殖の抑制効果があります。つまりプラーク(細菌)をコントロール(制御)することが歯ブラシで口の中や、歯を清掃する大きな目的なのです。テレビのコマーシャルなどで、プラークコントロールという言葉は聞いた方も多いと思います。このような理由から虫歯予防、歯周病予防には適切なブラッシングが大切であるといわれているのです。電動歯ブラシや超音波歯ブラシはブラッシングの特性を理解してから使用すれば、効果的なブラッシングが行えるツールと言えます。

口腔内常在菌を調べて、虫歯になりやすさを検査する

虫歯になりやすい人、なりにくい人が存在することは確かです。ただし、今までは検査方法が確立していなかったので、虫歯になりやすい人を特定することが出来ませんでした。最近では医療技術が発達し、口の中の細菌の数や善玉菌悪玉菌の数のバランスを簡単な検査で調べることが出来ます。また、遺伝子検査によっても口の中の病気が調べられるようになりました。細菌の検査は口の中のプラークをコメ粒くらい採取するだけの簡単な検査です。遺伝子検査は口の中の粘膜に綿棒をこすりつけるだけの検査です。

定期的な検診を受ける

自分自身での口の中の管理を完璧にしていても、虫歯になることはあります。そこで、プロの目を利用し定期的な検診をすることは大切なことです。私は3カ月に一度の定期的な検診をお勧めしています。検診は検査とは違い、診察するだけです。検診の結果必要があれば検査をすることをお勧めしています。

治療方法

初期の虫歯

ムシ歯になった部分を取り除きます。
歯を削ると痛みを感じるのは刺激が象牙質の細い管を通って神経に伝わるからです。虫歯が浅いうちに治療をするとあまり痛まないですみます。1~2回の治療で終わります。
現在は医療が発達し、痛みのない治療が可能な時代です。
ドッグベストセメントは虫歯の部分だけを溶かしてくれる薬がはいったセメントです。このセメントを虫歯の部分に詰めるだけで、治療を終えることもできます。また、レーザーを使った治療なら、痛みを感じることなく、虫歯の部分だけを取り除くことが出来ます。レーザーを使用する治療方法は中期の虫歯にも利用できるとてもよい方法だと思います。

中期の虫歯

ムシ歯が深い場合は、ふくとう処置をします。
ムシ歯の深い所は神経に近いため、神経を保護する薬剤をつめます。虫歯が深い場合、神経がびっくりして、治療後に痛みが残ったり、しみたりする場合もありますが徐々におさまってくるでしょう。痛みがひどくなる場合は必ず歯科医師に相談してください。
神経まで達して炎症を起こす虫歯の場合は、神経の炎症をとめるために神経を取る処置が必要となります。歯の神経は一度炎症を起こすと神経組織が破壊されて元の状態には治らないのです。これを非可逆的な変化と言います。
神経処置は初期治療が大切です。

どんなに虫歯でボロボロでも短期間・少ない回数で治せます。全部の虫歯治療を”同時に”進めるので少ない来院回数ですみます。何本虫歯があっても…全部の虫歯治療を”同時に”進めるので、少ない来院回数で終わります!

ステップ1

まず仮歯でキレイな見た目にしてから虫歯治療をすすめるので1回目から見た目がキレイに! 治療を始めたその日から、見た目が気にならなくなります。

ステップ2

虫歯を完全に取ったら、歯型をとります。
(虫歯が大きかったり、根の治療をする場合には土台を入れます)

ステップ3

セラミックの歯をかぶせて治療完了です。
(※土台の部分は外からは見えません)

ページの先頭へ