TREATMENT 施術のご案内

矯正歯科

部分矯正

矯正治療のゴールとして、本来は上下顎のすべての歯がきちんと噛めるようにすることが理想です。
しかし費用、治療期間、その他の理由から、気になっている部分だけについて矯正治療を希望される場合には、部分矯正という方法があります。

しかし部分的に行う矯正治療だと言っても、患者様の歯並びの状態によっては、治療期間が極端に短くならない場合があったり、限局された範囲でのみ歯を動かそうとするために治療ゴールに限界がある場合など様々ですから、よく相談をされたうえで治療されるべきでしょう。

下記に、6タイプの不正咬合の症例の初診時の口腔内写真を示しています。
すべて部分矯正で治療を行っています。
ご覧になりたい症例の画像をクリックすると治療の詳細が御覧になれます。

翼状捻転 (上顎中切歯)

部分矯正(上顎中切歯翼状捻転)
この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい。

空隙 (上顎前歯部)

部分矯正(上顎前歯部空隙)
この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい。

空隙 (下顎前歯部)

部分矯正(下顎前歯部空隙)
この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい。

下顎前突 (+上顎叢生)

部分矯正(上顎叢生を伴う下顎前突)
この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい。

叢生 (上顎前歯部)

部分矯正(上顎前歯部叢生)
この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい。

叢生 (上下顎前歯部)

部分矯正(上下顎前歯部叢生)
この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は↑画像↑をクリックして下さい。

ページの先頭へ