TREATMENT 施術のご案内

矯正歯科

顎変形症概説

顎変形症概説

> 上下顎同時移動術を施行した症例 > 顎矯正手術後の側貌シミュレーションの一例
> 上顎骨前方移動術セットアップ > 下顎骨後方移動用シーネ(咬合板) > 上顎骨前方移動用シーネ(咬合板)

下あごがとても前に出ている(骨格性下顎前突症)だけでなく、逆に下あごが小さく後退していて、上の前歯が出ていたり(下顎後退症)、下あごだけ、あるいは顔全体が左右のどちらかにひどく歪んでいる(顔面非対称)と云うように、上下の顎骨の大きさや位置にひどい問題がある場合は、顎変形症という診断名のもとに、外科的矯正治療(歯科矯正治療に加えて顎骨を外科手術で移動する)を行う必要があります。
また、さまざまな先天的疾患や下顎の過成長などのほかに、後天的な場合、すなわち、交通外傷などによる顔面骨多発骨折後変形治癒などの患者さんでは、単に歯の移動による咬合の改善だけでなく、不正な位置にある上下顎骨そのものを修正することが必要となることが多いのです。
顎骨の変形は、上顎と下顎の両方に認められる場合が多くあります。例えば、次の写真のように、下あごがとても前に出ている(骨格性下顎前突症)と同時に顔全体が左右のどちらかにひどく歪んでいる(顔面非対称)ように見えるのは変形が上顎から始まっていると考えられるのです。このような場合には、下顎だけでなく、上下顎を同時に手術を行って変形を改善します。

上下顎同時移動術を施行した症例
tooth_cnt01 tooth_cnt02
治療前 治療後

下顎前歯部叢生と、上顎咬合平面の右下がりと
下顎骨左方偏位(顔面非対称)を伴う骨格性下顎前突

この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は←画像をクリックして下さい。
顎矯正手術は、口の内側から行いますので、顔に傷が残ることはありません。
顎変形症治療では、噛み合わせのほかに顔貌も大きく改善されます。
このことについて、次の写真で説明します。

骨格には問題がない場合 問題がある場合 顎矯正手術を施行した症例

側貌の重ね合わせは、それぞれ左が治療前、(真ん中は手術直前、)右が治療後です。実際の治療内容をご覧になられる場合は、症例の
画像をクリックして下さい。

“骨格には問題がない場合”と”問題がある場合”は通常の矯正治療を行ったものです。左の ”骨格には問題がない場合”は、治療後に良好な口もとが獲得されていますが、真ん中の”問題がある場合”は、治療後も下口唇からオトガイまでもが突出したままです。一方、右の”顎矯正手術を施行した症例”は、治療後に下口唇のみならずオトガイまでも後退しています。
このように、現在の不正咬合の原因が骨格に問題があるにもかかわらず、歯だけを治療対象として咬合を改善することは、顎変形症の根本的な治療ではなく、問題のある骨格を“カモフラージュ”しているに過ぎません。
しかも、顔貌だけでなく、歯(を支えている歯槽骨)にも無理がかかってきます。例えば、骨格性下顎前突の場合には、下顎前歯は過度に舌側傾斜(内側に傾けること)させることになりますし、一方、上顎前歯は過度に唇側傾斜(前方向へ倒す)させることになって、歯を支えている骨(歯槽骨)に対してまっすぐに植わっていないことになってしまいます。これが、上顎前突の場合は逆向きになります。
いずれにしても、不正咬合の原因は、歯性と骨格性の二つの要因から成り立っていることが多いので、骨格性の要因が大きい場合には、骨格に対する治療を考えるのが理にかなっているのです。
治療の進め方としては、上下のそれぞれの歯並びを整える術前矯正治療を行なった後に、手術直前にレントゲン写真や顔面写真、模型などを総合的に分析して最終的に手術術式や顎骨の移動量や移動方向を決定します。

顎矯正手術後の側貌シミュレーションの一例

era_cnt04
手術直前⇔上顎骨前方移動のみ⇔下顎骨後退のみ
この症例の詳しい治療経過をご覧になられる場合は画像→をクリックして下さい

上顎骨前方移動術セットアップ

手術の前には、手術中に顎骨の位置決めに用いるシーネ(咬合板)を用意します。

tooth_cnt07

下顎骨後方移動用シーネ(咬合板)
tooth_cnt07

上顎骨前方移動用シーネ(咬合板)
tooth_cnt07

これらの術前準備が整うと、顎矯正手術(下顎だけの場合や、上顎と下顎を同時に行なう場合もあります)を行ないます。
※術前矯正治療を省略あるいは短縮して、早期に手術を行なうことが可能な場合もあります。/span>
当院では、下顎だけの場合と、上顎と下顎を同時に行なう場合が、半々程度です。

そして、手術後は、しっかりした噛み合わせを作るための術後矯正治療を行ないます。

> 上下顎同時移動術を施行した症例 > 顎矯正手術後の側貌シミュレーションの一例
> 上顎骨前方移動術セットアップ > 下顎骨後方移動用シーネ(咬合板) > 上顎骨前方移動用シーネ(咬合板)

顎変形症概説

ページの先頭へ