TREATMENT 施術のご案内

矯正歯科

矯正治療のメリット

 

(1) 咬合面から見て良い配列をしていること
(2) 適度な調節彎曲のあること
(3) 咬合平面に対して適度な歯の傾斜があること
(4) 上顎の歯は下顎の歯を被い、切縁では咬合面1/3を被っていること
(5) 中心咬合位で1歯対2歯の咬合関係であること
     (下顎中切歯、上顎第3大臼歯は1歯対1歯)
(6) 偏心咬合での接触関係が正しいこと
(7) 中心咬合で対顎との接触関係が正しいこと

 
正常咬合
正常咬合

正常咬合とは、上下の歯の接触関係 (並び方、噛み方) だけではなく、顎関節や咀嚼筋などの正常な機能も含めるべきです。

 

正常咬合の種類

(1) 理想正常咬合 ideal normal occlusion
機能を最大に発揮しうるような最も理想的な咬合様式
(2) 典型正常咬合 typical normal occlusion
ある民族、集団に共通な特徴を持っている正常咬合
(3) 個性正常咬合 individual normal occlusion 歯の大きさ、形、植立状態は個人差が強く、さらに歯が植立している顎骨の形も同様である。        こういった条件の下で構成される正常咬合では、各個人によってかなり違いがある。
(4) 機能正常咬合 functional normal occlusion
たとえ解剖学的に多少の欠陥があっても、機能的に異常を認めないもの
(5) 歴齢正常咬合 chronological normal occlusion
各年齢に応じて、それぞれの歯の萌出段階でよいと見做される咬合

矯正治療をすることのメリット

1. 健康&機能

  • しっかりと噛めるようになる
  • 正しい顎の運動を誘導する
  • 発音がはっきりする
  • 歯磨きがしやすくなる→虫歯や歯ぐきの病気(歯周病)になりにくくする

 
2. 審美

  • 調和のとれた口もとの美しさ(口もとや顔貌の審美)が得られます。
正貌(正面観)
治療効果(正貌)
治療前 治療中 治療後

 

側貌(側面観)
治療効果(側貌 上顎前突) 治療効果(側貌 上下顎前突) 治療効果(側貌 下顎前突)
上顎前突(抜歯治療) 上下顎前突(抜歯治療) 下顎前突(抜歯治療)

  横顔(側貌)の重ね合わせは、それぞれ左が治療前、右が治療後です。
   *実際の治療内容をご覧になられる場合は、症例の画像をクリックして下さい。

正面だけではなく側面から見た口もとの印象にも変化がみられます。
さらに、口もとだけでなく、顔つき(顔貌)が大きく変化する場合もあります。 詳しくは顎変形症をご覧下さい。

何のために矯正治療を受けたいとお考えですか? 『歯並びや口もとを綺麗にしたい?』 『噛み合わせを治したい?』 矯正治療では、歯並びや口もと、噛み合わせのお悩みを解決し、自信や明るい気持ちを取り戻すお手伝いをします。

1) きれいな歯並びのために

<歯並びの一般的なお悩み>

歯並びがデコボコしている 歯がねじれて生えている 歯並びが左右非対称 出っ歯で口が閉じにくい 受け口

矯正治療を受けると……

デコボコだった歯並びはまっすぐに、左右対称になります。 上下の歯がきちんとかみ合った状態で、前に出ていた歯がひっこむので、 “出っ歯”が原因で開いていた口は、閉じることができるようになります。

2) きれいな口もとのために

<口もとの一般的なお悩み>

口もとが出た状態 口が閉じられない 口が閉じにくく、無理に閉じると、唇の下、あごの部分に、緊張でしわが寄る

矯正治療を受けると……

歯(上あご、下あご)が正常な位置に戻るので、口もともひっこみ、口を自然と閉じられるようになります。 また、横顔もすっきりとした印象になります(舌癖や口呼吸の習慣がある人は、ある種のトレーニングを併用します)。

3) きちんとしたかみ合わせのために

<かみ合わせの一般的なお悩み>

上下の歯がきちんとかみ合わない 食事がしづらい おそばを前歯で切れない うまく発音できず、喋りにくい

矯正治療を受けると……

永久歯のかみ合わせをきちんとつくりますので、その過程で舌の動きなどの問題があれば、 簡単な機能訓練を行い改善します。食事や発音など、機能的な障害が解消されます。

ページの先頭へ