TREATMENT 施術のご案内

A. 顔面輪郭形成術

オトガイ延長術(顎を長くする)

オトガイ延長術(顎を長くする)

オトガイという言葉は聞きなれないかもしれませんが、あご先をオトガイと称します。
一般的には皆様は、オトガイのことを“あご”と称しますが、医学的には、あごは下顎、上顎を含めて広い範囲を意味しますので、下顎の先端に関しては、敢えて“オトガイ”と表記させていただきます。

オトガイ部の解剖

下顎骨はL字型の左右両半からなり、水平の骨部を下顎体、垂直の骨部を下顎枝といいます。
下顎の正中部の前面には両半部が癒合した部位を示す細い隆線が上下方向に走りますが、この隆線の下端近くにはオトガイ隆起という三角形の輪郭をした高まりを作っています。
この隆起の中心から外側へ2㎝弱隔たったところは特に膨隆するので、オトガイ結節と呼ばれています。
これらはいずれも境界が不鮮明な高まりですが、正中にあるオトガイ隆起と左右のオトガイ結節とは全体として下顎底の前方への突出を形成しています。
これをオトガイ(MENTUM,CHIN)と称します。
下顎体の正中線から3㎝程離れたところで、オトガイ結節の斜め上方にはオトガイ孔が開口しています。これは下顎管の出口ですが、オトガイ孔はむしろ後方に向かって開いています。

正面下顎説明 web

オトガイ部(下顎結合部)は顔貌を特長づける重要な部位であるため、正面顔(正貌)、横顔(側貌)においてさまざまな悩みがあります。
頬骨、エラに関してはほとんどの患者様の要望は『小さくしたい!』ということですが、オトガイに関してはそれと異なり、さまざまな悩みがあり,それぞれに対応する手術術式があります。
『短いオトガイを長くしたい』という要望は決して多くはないのですが、実際に本術式が適応されるのは、患者様の希望が『下方向に凸にしたい』=『逆三角形にしたい』=『Vラインにしたい』などで、オトガイ高が短い方です。
すなわち”オトガイが短くて平坦で横幅の大きい方”が非常に良い適応となります。
オトガイ高(下口唇下端~オトガイ下端まで)が女性で32㎜以下(男性で35㎜以下)ぐらいの方が適応になるとお考えください。

術前の評価

正面顔では、オトガイの理想的な長さに関しては、鼻下点からオトガイ下端までの長さが女性では70mm(男性では75mm)を平均とし、下口唇(赤唇)下端~オトガイ下端まで女性で35㎜、男性では38㎜を理想値として骨切りデザインを決定しています。
オトガイ幅径は左右光彩内側縁間から左右鼻翼間幅径の間であることが望ましいとされています。

横顔において顎の突出度合いを評価する際、鼻尖と口唇との関係ではRikettsのE-lineが一般に知られています。
しかし鼻の高さ、口元の突出度、オトガイの突出度の相対的関係を示すものであり、3つのうち1部位だけが正常でない場合には参考になりますが、すべての患者様に適応できるわけではありません。
セファロ側面像では、上口唇、下口唇、オトガイの突出に関する平均値が参考になります。

otogai-preope
上口唇、下口唇、軟組織ポゴニオンの平均値

術前検査としてセファロ正・側面像とパノラマが一般的に撮影されていますが、本術式ではCT,3次元実体模型が必要となります。
当院では、3次元的な骨、軟部組織形態を把握するため、さらにオトガイ神経、下歯槽神経の走行を正確に把握するために3次元実体模型(3D MODEL)を手術前に準備しています。

1.オトガイ・スクエア骨切り術

あご先(オトガイ)が短くて平坦な場合には、顎の長さを足して、少し細くしながら長くするとバランスが良くなります。
手術は全身麻酔下で、約1時間30分ほどです。基本的には日帰り手術ですので入院の必要はありません。

切開は口の中から行いますので、皮膚には一切傷は残りません。口腔前庭部で約4㎝の粘膜切開を行います。
骨膜下に慎重に剥離を行い、両側のオトガイ神経を確認します。

術前のオトガイ幅、オトガイ高によって骨切りデザインは異なります。これは3次元実体模型から適切な骨切りラインを決定します。下顎角までの連続性も考慮しながら骨切り線を決定しています。

op031_01_1226

術前のプランに沿って切除、移動骨片をマーキングします。
ピエゾでデザインに沿ったスクエアな骨切りを行います。骨片には裏面で筋肉はつけたままで血行を温存します。
骨片は下方に引き出して固定することになりますが、最終的なオトガイ高は女性で35㎜を理想とします。
骨の固定はチタンミニ(マイクロ)プレートで行います。尚プレート固定の際に、骨片を前方に出したり、逆に後方に後退させたりと、位置決めを選択することができます。

さらに延長した骨片の両端を細くするため骨切りを行い、この骨片を下方延長によって生じる隙間を充填するために移植します。
電動骨鋸と違いピエゾは繊細な骨切りができる為、このような細い骨片を採取することができると同時に、移植骨片としては摩擦熱によるダメージが少ないため大変有利です。

最後に洗浄して、吸収糸で閉創します。
本術式はオトガイ手術の中では、侵襲が少ないほうで、そのため術後の腫脹も早期に軽減する方が多いのが特徴です。

2.インプラント挿入術

またもう一つの方法として、シリコンなどのインプラントで下方向へ延長する方法があります。シリコンなどの細工は3次元実体模型に合わせることで左右差などを含めてかなり微妙な調整が必要となりますが、カスタムメイドのインプラントでも対応可能な場合があります。
この場合には、下顎骨に骨孔をあけて、インプラントはワイヤーなどで固定します。
広範囲に必要な場合にはシリコンではなく、メタクリル酸メチル(人口骨)でカスタムメイドのインプラントを作製します。シリコンよりは一層患者様の骨にフィットします。


op089_02_1226

op089_03_1226

ページの先頭へ