TREATMENT 施術のご案内

3次元実体模型(高精度)

3次元実体模型(高精度)


模型3-web 模型1-web

 
CTで撮影され得られたボリュームデータは、さまざまな手術シミュレーションに応用され、顎顔面領域では特に有用性の高い実体モデルの精度、作製時間、操作性など、より実用に即したものへと改良が進んでいます。

1980年代に登場した積層造形法は3次元CTの画像データをもとに骨の領域を中質紙、スライスごとに輪郭を求める手法です。立体モデル作成にはサーフェスデータへの変換が必要ですが、3次元CTはボクセルデータであるため、ボクセルモデルから骨や筋肉などの組織の表面形状を抽出し、平面ないし曲面を構築するさまざまなソフトウェアやデータ変換秘術、シミュレーション技術の開発がすすめられています。

最近では光硬化方式による紫外線硬化樹脂(プラスチック)とインクジェット方式(Z403,Z402)による石膏あるいは澱粉も臨床応用されていますが、精度はほぼ同等です。

 
医療用精密立体モデル(KEZLEX)
当院では、医療用精密立体モデル(KEZLEX)を採用しています。


大野興業e91_335  大野興業e21_335

大野興業a11_335

KEZLEXとは、CT/MRI等の3次元データから骨格の内・外部の微細構造をリアルに再現する医療用の精密立体モデルです。
医療用精密立体モデルKEZLEXは、日本、アメリカ、イギリスの世界3か国の特許(パテント)を取得している特許取得商品です。

特徴

  1. CT/MRIスキャニングデータに基づいた3次元化
  2. 微細形状の再現が可能
  3. 管腔部分の再現が可能
  4. 軟部組織の再現が可能

用途

  1. 手術の際に各部位の形態、厚さを正確に把握できる
  2. 下顎骨内の下歯槽管の描出(表面からは見えていない)
  3. 手術前に額のインプラントを作製する場合に利用

株式会社大野興業様 Web サイト

ページの先頭へ