TREATMENT 施術のご案内

内視鏡顔面骨形成術(安全で確実)

内視鏡顔面骨形成術(安全で確実)

顎顔面外科、口腔外科領域での内視鏡の使用は、手術中の詳細な観察と状態を正確に把握することが可能となり、侵襲も軽減されます。
質の高い顎顔面外科領域での骨切り手術を行うためには、ぜひ習得すべき手術手技です。

endoscope
・ 内視鏡: φ4㎜ , 30‐degree angle scope
(Olympus Corporation,Tokyo,Japan)
・ リトラクター:SYNTHES Maxillofacial

内視鏡手術では小さい皮膚切開から手術野を拡大視して手術をするため、手術侵襲を軽減し、確実な手術操作が可能となります。
従来法より術後の腫脹や疼痛が少なく、社会復帰も早いため患者様にとっても術後のストレスが少ない有用な方法です。

消化器外科をはじめとして、さまざまな領域に導入され、手術機械の開発・改良と相まって発展してきました。
形成外科領域においては、1990年代の初めに報告された内視鏡下前額除皺術がきっかけとなり、欧米では美容外科を対象とした内視鏡手術手技の開発が急速に進みました。
その後は、主に再建外科分野を対象としての取り組みが進み、手術器具の開発と相まってさまざまな手術に対する新しい方法が報告されてきました。また、コンピュータ外科と癒合した方法も報告されています。

その一方、美容・形成外科分野で広く普及しない原因としては、特殊な器具が必要となり、手術操作を習得するためには海外でのワークショップなどで技術を学んでくる必要があり、そのため限られたドクター、限られた施設で行われているのが現状です。

顔面骨への内視鏡アプローチ法

現在私が顔面骨輪郭形成で、以下の手術に際して内視鏡を使用しています。

1. 下顎角形成(エラ)
口腔内切開から下顎角(エラ)を施行する際に、下顎枝後縁は直視下には見えない場合が多々あります。その際に内視鏡下に骨切りラインを確認しないと、正確な骨切りは出来ません。術後の不自然な下顎形態、左右差などの合併症を招く原因となります。

下顎角形成 内視鏡

 
2. 下顎枝矢状分割法(SSRO)
下顎枝矢状分割法における水平骨切りの際の下顎枝(内板)後縁、垂直骨切りの際の下顎骨下縁(外板)の溝形成は直視下に見えないことが多く、確実な分割(SPLITTING)を行うには内視鏡のアシストは大変重要になります。
これらの部位の皮質骨の溝がしっかり掘られていない場合には、思わぬ方向への骨分割が行われることもあり、非常に重要な操作であり、内視鏡の挿入は安全性、確実性の鍵となります。

3. LeFort I型骨切り術
上顎骨外側の骨切りの際に、翼突上顎結合部に近い部位では手前側の骨が大きく張り出しており、常に骨切り線を確認することができません。内視鏡を挿入することにより骨切り線が確実に確認できますので、出血、異常骨折などの合併症は回避でき、確実な骨切りが可能となります。

4. 頬骨形成術
口腔内からの骨切りの際の前頭突起部での骨切りは常にブラインドとなるため、内視鏡のアシストが役立ちます。また骨固定後の段差を慣らす際にも力を発揮します。

ページの先頭へ