目(眼瞼)の美容整形 | 美容整形ならリッツ美容外科東京院
MENU 施術一覧
メニューの女性のイメージ メニューの女性のイメージ

目(眼瞼)

目(眼瞼)や目元は、お顔の印象を決定づける重要なパーツです。手術を大きく分けると、「二重整形などを行って大きな瞳に改善する手術」と「加齢に伴う目のたるみを改善して若々しい目元を取り戻す手術」の2種類に分類されます。リッツ美容外科オリジナルの埋没法(SMK法)や、下眼瞼拡大、涙袋形成など、様々な技術を用いて、目を大きく、美しく、若々しい印象へ。

二重

  • 二重切開法

    もっと詳しく

    二重がはずれない自由なデザインができるのが全切開法です。目頭から目尻まで切開し、二重になり難くしている筋肉や皮膚・脂肪を除去して自然に二重になるようにする手術です。

  • 二重埋没(SMK法)

    もっと詳しく

    リッツ美容外科オリジナルの施術で、埋没法の進化型です。二重まぶたのラインを3点または6点、糸でしっかりと固定することにより、従来の埋没法であった糸が取れる心配などを解消した施術です。

  • 二重埋没+脱脂(MS法)

    もっと詳しく

    戻りにくいSMK法「切らない二重手術」にプラスして、腫れぼったさの原因のひとつである眼窩脂肪の脱脂を行います。よりすっきりした二重を実現し、ダウンタイムが短く早期よりメイク可能です。

眼瞼 ( まぶた )

  • 下眼瞼拡大-垂れ目形成
    (下眼瞼下制術)

    もっと詳しく

    下眼瞼拡大(垂れ目形成)とは、きつい印象になりがちなつり目・キツネ目を、下瞼(まぶた)の中心から外側2分の1を下方向に引き下げて調整し、外側の白目を大きく露出させ、優しく可愛らしい印象の垂れ目をつくり出す施術です。

  • 眼瞼下垂

    もっと詳しく

    瞼のたるみを改善するだけでなく、目元の仕上がりも美しくする施術です。皮膚側を切開することなく、瞼の裏側のみを切開して、眼瞼挙筋を短縮して目を大きく開けるようにする術式をおすすめしております。

  • 上眼瞼切開

    もっと詳しく

    加齢とともにたるんできた上まぶたのたるみを改善し、二重ラインを形成する施術。まぶたがくぼみ気味の方に適しております。二重のライン付近の余剰皮膚を切除することにより、目もとをすっきり若返らせることができます。

  • 下眼瞼切開 (ハムラ法)

    もっと詳しく

    目の周囲のしわ、たるみ、くまを改善する手術です。下眼瞼切開法は、加齢によるしわ、たるみ、くまを改善し張りのある若々しい目もとにする施術です。皮弁法、筋皮弁法、ハムラー法など症状に応じて手術方法を診断します。

  • 経結膜ハムラ法 (裏ハムラ法)

    もっと詳しく

    老け顔の第一位は、目の下のクマと言われています。クマには、主に黒クマ(影クマ)、茶クマ、青クマに大別されます。当院では、極力脱脂のみの治療は避け、膨らんだ脂肪を温存し、有効的に窪みに移動させるリッツ式裏ハムラ法をお薦めしております。

  • 内視鏡上眼瞼リフト
    (内視鏡額リフト)

    もっと詳しく

    加齢に伴う上まぶたのたるみを改善する手術です。上まぶたが厚ぼったい方、眉毛が下垂し眉毛と目の間隔が狭い方に適しています。同時に眉の下垂、眉間、目尻、額のたるみをも、内視鏡という微小カメラを用いて一気に引き上げ若々しさを取り戻します。

目頭

  • 目頭切開

    もっと詳しく

    「目の横幅を大きくしたい」「平行型二重にしたい」「目と目が離れているのでバランス良くしたい」このような希望に対して行うのが目頭切開術です。当院の目頭切開術では、切開線が最短で張力がかからず、早期より傷跡が目立たず、自然な仕上がりとなります。

眉毛下

  • 眉毛下切開

    もっと詳しく

    加齢に伴い上まぶたがたるみ二重の幅が狭くなってきた方は、重症のケースを除いてこの術式が適応されます。また元々上まぶたが厚ぼったい場合は、二重ラインで切開法を行うと厚ぼったさが増すため、この術式が適しています。

涙堂

  • 涙堂形成

    もっと詳しく

    涙堂は、下まつ毛の際にある眼輪筋によって形づくられる、ふっくらとした盛り上がりです。涙堂はヒアルロン酸を注入して形成します。注入量はご希望に応じてバランスを見ながら注入していきます。




ページトップアイコン