顔面輪郭美容整形 | 美容整形ならリッツ美容外科東京院

MENU 施術一覧

顔面輪郭形成術

顔面輪郭形成術とは、主にエラ・頬骨・オトガイ(顎)・額(おでこ)に関しての形成術(顎削りを含む)のことで、つまり咬合に関係しない領域のことを差します。

エラ(下顎角)

  • エラ(下顎角)

    『ほっそりした卵型の輪郭になりたい』『小顔にしたい』当院では、どこから見ても卵型で小さな輪郭にするため、角部だけではなく下顎体部から顎に近い部分まで広範囲に骨切りをおこないます。

    もっと詳しく
  • 下顎角形成術の実際

    頭部X 線規格写真(セファロ)、オルソパントモグラム、CT などを使用したコンピューター・シミュレーションでイメージの擦り合わせを行います。ここでは、実際の施術について解説します。

    もっと詳しく

オトガイ(あご)

  • オトガイ(あご)

    顎が長い、出ている、しゃくれている、幅が広い、曲がっている、後退している、短い…など、実際にはこれらの形態が組み合わさって存在することが多いため、時には複合手術が必要となります。

    もっと詳しく
  • オトガイ短縮術(顎を短くする)

    オトガイの悩みはさまざまで、その中でも患者さんの希望がもっとも多いのは、『長いオトガイを短くする』という手術です。水平骨切り術(中抜き法)、オトガイ下端削除術等について解説します。

    もっと詳しく
  • オトガイ後退術(顎を引っ込める)

    日本人では非常に要望の多い『オトガイを引っ込める(後退させる)』手術に関して解説します。オトガイ(顎) 後退術、オトガイ部・前額断骨切り術等について解説します。

    もっと詳しく
  • オトガイ狭小術(顎を細くする)

    オトガイ幅を細くする手術を解説します。オトガイ幅は左右のオトガイ結節を結んだ距離と定義します。実際にはわれわれが顔を見た際には、この結節間が広いと、オトガイは平坦で四角い印象を受けます。

    もっと詳しく
  • オトガイ前進術(顎を前に出す)

    顎を前に出す(前進)方法を解説します。水平骨切り術、インプラント法等について解説します。

    もっと詳しく
  • オトガイ延長術(顎を長くする)

    『短いオトガイを長くしたい』方は多くはないのですが、実際に本術式が適応されるのは、患者様の希望が『下方向に凸にしたい』=『逆三角形にしたい』=『Vラインにしたい』などで、オトガイ高が短い方です。

    もっと詳しく
  • オトガイ・インプラント挿入術

    『後退しているオトガイを前方に出したい』『短いオトガイを長くしたい』『平坦な幅広のオトガイを細くしたい』などで悩みのある患者様に対するオトガイ・インプラント挿入法に関して解説します

    もっと詳しく

頬骨

  • 頬骨

    頬骨の縮小手術は難易度が高いと思われがちですが、安心して行える安全性の高い手術でもあります。ただし小さく美しい3次元形態を形成する必要があり、術者の美的センスの問われる手術です。

    もっと詳しく

  • 眉弓を中心に額の形態は、顔貌に大きな影響を与えます。実際に手術を希望される患者様には、理想的な額の参考写真(モデル、女優さんなど)を持参してもらい、現状と理想の額の形態の差異を説明した上で手術計画を立てます。

    もっと詳しく



ページトップアイコン