鼻の美容整形手術 | 美容整形ならリッツ美容外科東京院
MENU 施術一覧
メニューの女性のイメージ メニューの女性のイメージ

鼻は高さ・長さ・横幅・形など顔の中心パーツとしてそれ自体のバランスが重要であると同時に、目、口、顔全体の輪郭などの他のパーツとのバランス(調和)も非常に重要になります。当院では、『美しさの基準値』をもとに総合的判断を下し、理想的な鼻を形成していきます。

鼻尖(鼻先)

鼻中隔

  • 鼻中隔延長術

    もっと詳しく

    鼻尖(鼻先)や鼻柱を延長・整形し、理想的なかたちの鼻を形成します。鼻中隔延長術は、自家組織の軟骨を移植して、鼻腔内を左右に仕切っている壁である鼻中隔を延長し、鼻尖(鼻先)を下げることにより、豚鼻、短い鼻、アップノーズなどの改善効果が期待できます。

鼻柱

  • 鼻柱形成術 (鼻柱下降術、鼻柱挙上術)

    もっと詳しく

    鼻柱下降術とは鼻柱が吊りあがった状態を軟骨移植で改善します。鼻柱挙上術とは「鼻柱が下がっている」「横から見ると鼻の穴が見える」場合は、皮膚切除を行い、鼻柱部内側脚、軟部組織を鼻中隔端に縫合して挙上します。(斜鼻)は、数種類の骨形態改善用の器具を使って、骨格自体を改善します。斜鼻に対しては鼻中隔という軟骨自体も曲がっている可能性が高い為、同時に鼻中隔も処理します。

隆鼻(鼻筋)

  • 隆鼻術(シリコンインプラント)

    もっと詳しく

    鼻の美容形成手術のなかでも、隆鼻術(鼻を高くする)はもっともポピュラーな手術です。当院では、インプラントは、お1人おひとりの希望に合わせて高さを調整してデザインします。術後イメージをつかめるシミュレーションも行なっています。

  • 隆鼻術 (自家組織)

    もっと詳しく

    軟骨や筋膜等を移植する方法です。ご自身の組織なので生着し安全性が高いのが特徴です。隆鼻に使う自家組織の中では、軟骨が移植後の吸収が少なく柔らかで弾力性に富み、細工しやすいという理由から最も適しています。

斜鼻(鼻筋)

  • 斜鼻矯正術

    もっと詳しく

    曲がった鼻筋(斜鼻)は、数種類の骨形態改善用の器具を使って、骨格自体を改善します。斜鼻に対しては鼻中隔という軟骨自体も曲がっている可能性が高い為、同時に鼻中隔も処理します。

鼻翼

  • 鼻翼形成術(鼻翼縮小術、鼻翼挙上術)

    もっと詳しく

    鼻翼幅を狭くする施術として当院が開発したのがエーラー・フラップ法です。一般的な方法では切除するべき軟部組織を残し、鼻翼を中央に寄せる力源として利用し、最小限の切開で鼻翼幅を大幅に減少させる方法です。

鼻孔縁

  • 鼻孔縁形成術(鼻孔縁下降)

    もっと詳しく

    正面からみて鼻の穴が目立つ場合に、鼻孔縁に軟骨移植または皮膚ー軟骨移植を行ない鼻の穴を見えなくします。鼻孔縁の形と重症度に応じて、鼻翼軟骨、耳介軟骨、皮膚ー軟骨複合組織移植を選択します。

鼻唇角

  • 鼻唇角形成術

    もっと詳しく

    鼻の穴の中からアプローチして、鼻唇角部の皮下に軟骨を移植します。この施術のポイントは、皮下に移植するということです。また、シリコンインプラントを使用することも可能です。但し、鼻唇角鋭角の主な原因が上顎前突の場合は、上顎後退術も検討します。

鼻骨

  • 鼻骨骨切り術 (広鼻・太鼻)

    もっと詳しく

    太い鼻筋は、数種類の骨形態改善用の器具を使って、骨格自体を改善します。軽度、中程度の広鼻では low ―high、重度の広鼻では low -low の骨切りを行ないます。

  • 鼻骨骨切り術 (ワシ鼻・ハンプ)

    もっと詳しく

    鼻筋の途中に段がある鷲鼻は、数種類の骨形態改善用の器具を使って、骨格自体を改善します。鷲鼻は出っ張りがわずかな場合は、鼻骨を削るだけで改善できます。重症の場合は鼻骨を骨切りして中央に寄せ細い鼻筋を形成します。

充填剤

  • Filler(皮膚充填剤)注入

    もっと詳しく

    注入により鼻を高くするだけではなく、斜鼻、鼻柱、鼻孔縁にも注入して、形態を整える事が可能です。ダウンタイムのないプチ整形です。非アレルギー性であり、FDA(米国における厚生省)、CE(EU圏の安全規格)にも認可され美容医療分野で広く使用されています。




ページトップアイコン