TREATMENT 施術のご案内

目もと

目頭切開

「目の横幅を大きくしたい」「平行型二重にしたい」「目と目が離れているのでバランス良くしたい」このような希望に対して行うのが目頭切開術です。一般的に行われているW型切開等は皮膚を切り取る為、傷が大きくなる傾向があります。当院の目頭切開術「ミニZ法」は蒙古ひだの皮膚を切り取るのではなく立体的にずらして入れ替えますので、切開線が最短で張力がかからず、早期より傷跡が目立たず、自然な仕上がりとなります。

お勧めの方

・目の横幅を大きくしたい方
・平行型の二重にしたい方
・きつい目つきをやわらかにしたい方
・離れている目と目の間を狭くしたい方
・傷が目立たない方法で、蒙古ひだの張りを取りたい方

目頭切開

蒙古(もうこ)ひだは、目頭に張っている皮膚(一部眼輪筋も含まれます)で、日本人の約70%に先天的にみられる特徴です。程度は個人差がありますが、目頭側のピンク色の部分(涙湖といいます)が見られないこともあり、目と目が離れて間延びした感じがします。

この蒙古ひだが原因で、
1)『目と目が離れてみえる』
2)『二重の内側が隠れてしまう(末広型)』
3)『目が小さい(横幅が狭い)』
などの悩みが生じます。
これを改善するには、目頭切開術(内眼角形成術)が適応になりますが、実際にはさまざまな方法が報告されています。

目頭切開の適応

・目と目の間が離れているのを近づけたい
・蒙古ひだが張っていて目ツキがきついのを改善
・目頭側から二重がきれいに出る平行型二重にしたい
・目を大きくしたい(横幅)
このような希望に対して目頭切開が適応になります。

内田法は、国内ではもっとも一般的に行われている方法です。自然な仕上がりになることも多いのですが、ときに内眼角(目頭部分)が丸く不自然になることがあります。また傷が長く、余剰皮膚を切除する方法であるため、目立つ傷跡が(肥厚性瘢痕)残ることがあります。そこでリッツ美容外科では、最小限の切開で目立たないラインでの手術を行っています。

ミニZ形成術の概要

当院で行われるミニZ法は、形成外科的手技としては一般的なZ-plastyの手法を目頭の蒙古ひだに応用したものです。実はZ型に皮膚を切開する目頭切開の方法だけでも、さまざまなデザインが存在します。切開線の長さ、方向など患者様の蒙古ひだの形態ごとにデザインする必要があります。

このミニZ法は、皮膚を切除するという方法(W型切開、三日月型切開)とは全く異なる発想から開発されたものです。実際にミニZ法では、蒙古ひだの皮膚を切除するのではなく、立体的にずらして三角の皮膚を入れ替える方法です。蒙古ひだは切除するほどに実際には皮膚が余っているわけではなく、立体的に張り出しが強いだけという解剖学的な成因に着目すると、この術式がもっとも理にかなっていることになります。

このミニZ法は切開線が最短で済むと同時に、縫合部位での張力が小さい為、早期より傷跡が目立たないのが特徴です。また皮弁を入れ替えているため、後戻りがまったくありません。傷跡、後戻りともに他の方法より数段優れた方法です。その結果として、大変自然な仕上がりとなります。

ミニZ法の手術方法

デザインは蒙古ひだの縁に沿って中心辺をマークします。 指で中央方向に皮膚を引っ張り内眼角(目頭部分)を露出し、内眼角と中心辺に約60°の三角皮弁をデザインします。
Zが大きく鈍角であればそれだけ効果は大きく、Zが小さく鋭角であれば効果も小さくなります。これは術者が意図的にデザインできるわけです。

裏の三角弁を内眼角(目頭部分)近くまで剥離していく、と内眼角靭帯に強固に付着しています。内眼角形成術は皮膚だけではなく筋層と靭帯は適度に処理しなければ効果が得られないわけです。これを放置しますと”後戻り“の原因になります。特にひだが強く張っている場合には、靭帯から眼輪筋のはずし方がポイントとなります。
方向は極細のナイロン糸で行い、傷は最小限に目立たなくなります。

また、このミニZ法は内田法と異なり余剰皮膚を切除しない為、万が一お好みに合わない場合には、ある程度元に戻すことも可能です。

POINT

目頭切開術は、目の横幅を大きくする施術です。
目頭切開術は、末広型の二重から平行型の二重にできる施術です。
目頭切開術には、様々な術式がありますが、当院で行なっているのは、形成外科的手技であるZ-plastyの手法を目頭に応用した「ミニZ法」です。皮膚を切除しないので切開線が短く張力がかからず傷が目立ちません。傷が気になって踏み切れなかった方にお勧めします。
十分なカウンセリングの後に手術を行いますが、万が一主観的な問題で戻したい場合、ミニZ法でしたらある程度元に戻すことができます。(皮膚を切除する術式では、元に戻すのは困難です。)

症例

目頭切開+埋没法+脱脂(MS法)

「目頭切開とマイクロ・サクション法により、すっきりとした平行型二重に改善。」

 

 

目頭切開+眼瞼下垂

目頭切開で内方向、眼瞼下垂で上方向にそれぞれひとまわりずつ瞳が大きく変化。二重は理想の平行型に。」

 

 

目頭切開+埋没法(SMK法)

 

 

目頭切開

ページの先頭へ